2006年08月19日

芝刈り!

本日、土曜日、早朝からの猛暑、酷暑の中、
芝刈りが元気に行われました。

ご参加いただいた地域の方々、保護者の皆様
そして先生方も、お疲れさまでしたーー。

湿度も高く、皆さん、汗びっしょり。
1kgは確実にやせたのでは??

20060819095316.jpg

芝刈りももう4回目。
「今日の芝生はいつもより水分を含んで重たいねー」とか
「この一週間は伸びが早かったねー」などという声も聞かれ、
皆さんだんだん熟練してきたようです。

お疲れさまでした。ありがとうございました。


posted by 富士見 at 14:06| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

知的好奇心?

夏休みまっただ中。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

出勤途中の電車内でのこと。
お盆休みで電車はガラガラ。そんな中、
リュックサックを背負った子どもと両親が
これから行楽地に向かうのであろう光景とよく出くわす。
あーいいなーなどと思いつつ見ているのだけれど、
なんとなく気になってしまうことがある。

昔、子どもは電車に乗ると、窓の方に向かって膝立ちのような
姿勢になり、顔を窓にくつけるように外の景色に見入っていたように思う。
親は慌てて、子どもの靴を脱がせる。そんな光景をよく見かけた。
しかし、今の子どもたちの多くは、電車の椅子に座るやいなや
ゲーム機をに没頭。外の景色などに興味はないようだ。

車窓からは、都心のオフィス街、繁華街、それが住宅街となり
家並みや家の密集度が変化していき、郊外の雰囲気が出てきて
今度は工場街が出てきたりする。そして緑が増えていき、農村風景に。
田んぼの色に感動したり、そこで暮らす人たちの働きぶりを垣間見たり。
子どもの頃、窓の外にはいろんな興味の対象が溢れていた。

最近の子どもは知的好奇心が足りない、などと決めつけてしまうのは
乱暴かもしれないが、少なからずそういった傾向にあるのではないだろうか。
小さい頃からテレビのような受け身のメディアに慣れ親しんでしまったせいだろうか。
自分から創造力を膨らませて楽しみを見つけるという行為が苦手のようである。
そんなことを感じたお盆でした。
posted by 富士見 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。