2007年02月23日

早寝、早起き、朝ごはん

いい話を聞くと、他人に伝えたくなる、とよく言いますが、
まさに今、そんな気持ちで書いてます。

いい話が聞けたのは、今日行われた学校保健委員会。

テーマは、「早寝、早起き、朝ご飯」。

なんだか、よくある当たり前のお話かと思いきや、さにあらず。

話してくださったのは品川区の鈴ヶ森小学校のママさんたち。

朝食の大切さを実証するための試みとして、
3週間、6年生の1組は7時20分に登校。
担当のママさんたちが作った、栄養バランスの考えられた朝食を食べる。
2組は、いつも通りの生活。
これを3週間続け、子どもたちの体温や、様々なデータを取ったという試み。
子どもたちが劇的に変わっていった姿をママさんたちが
熱く熱く語ってくださった。

驚いたのは、単に体温が何度上がった、などという話ではなく、
子どもたちの意識に大きな変化が見られたこと。
積極的になり、元気になり、明るくなり・・・。
はじめは朝ボーっとしていた子も、3週間のうちに
変わっていく姿が明らかに分かったそうだ。

学校に早く行かなくてはいけないから、
朝きちんと起きるために、必然的に夜早く寝るようになる。
そうすると、朝ご飯も美味しくなる。
一日を活発に過ごせる。すると夜も早く眠くなる。
早く寝れば、朝の寝起きもいい・・・
と、どんどん良い循環にまわっていく。

分かってはいるんだけど、なかなか・・・。
というご家庭も多いでしょう。うちも含め・・・。

でも、まず一歩を踏み出せるかどうか、ですよね。

お宅のお子さんは、「朝ごはん」ちゃんと食べてますか?
この質問には、多くの親が、「もちろん」と答えるかもしれませんが、
しかし、ちなみに「朝ごはん」の定義は、
主の食べ物(コメ、パン、麺類など)
主のおかず(肉、魚、卵、など)
副のおかず(野菜、果物など)
の3種類がそろっていて初めて「朝ごはん」と呼べるのだそうです。
こうなると、先ほどの質問、かなり回答が変わってくるのではないでしょうか。

とにかく、今日はすばらしいお話を聞くことができました。
さて、学んだことを活かせるかどうか・・・

それが問題なんですよねふらふら


posted by 富士見 at 16:52| 東京 ☔| Comment(48) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。